簡単にはいかない実印登録

実印登録イメージ

印鑑とは何か、ハンコとは何か、印鑑とハンコって何か違いがあるのか、と聞かれたらあなたはなんと答えますか。
印鑑は銀行や会社で使うきちんとしたハンコが印鑑、シャチハタや実印登録していないようなものがハンコでしょうか。
辞書をひいてみると「印鑑とは地方自治体に届けた印章」と書いてありました。
印章も調べてみると「印、ハンコ」と記載されていたので印鑑とハンコは同じものとしてとらえてもいいでしょう。

しかし実印は登録できる印鑑とそうでない印鑑があることがわかりました。
印鑑なら何でも登録できるのではないかと思ったらそう簡単にはいかないものでした。
実印登録できる印鑑にはサイズがきめられており、印鑑の偽造を防ぐために壊れていたり、すり減っていたり、変形しやすい材質の印鑑は基本的に登録できないようになっています。
たとえばシャチハタといったインキ浸透印は登録できません。

印鑑にはたくさんの種類の印鑑があり、使う用途によって使用する印鑑もかわっていくのを知っていますか。
印鑑には認印やシャチハタ、三文判や銀行印、社印や代表印といった印鑑があります。
シャチハタや社印はよく耳にしますが代表印ってきいたことありますか。
代表印とは会社の設立を申請したりするときに押す印鑑を代表印もしくは会社代表印といいます。
この代表印を作る際はサイズや書体、印鑑本体の材質にこだわって作る人がたくさんいるようです。
代表印とはいわば会社の代表者としての役割を果たす印鑑なのでこだわって印鑑を作りたいという気持ちよくわかります。

ページの先頭へ