お気に入りの書体を

篆書体イメージ

前回は実印として登録できる印鑑と実印として登録できない印鑑があり、シャチハタや欠けている印鑑は登録できず、認印としか使えないことをはなしました。
では今回は実印として登録する際にどのような点に注意すべきかを話していきたいとおもいます。
印鑑を作る際に一番気をつけなければいけないこと、それは第三者に真似されたり偽造されるのを防ぐように作ることです。

なぜ気を付けなければならないかというと印鑑を使う場面を想像してみてください。
銀行でお金を借りたり返したりする際に押したり、通帳を作ったりするときに印鑑をつかいます。
会社でも契約する際に代表印を使います。
自分を証明するさいにも印鑑を使用します。

印鑑は大事な場面には必ずといっていいほどついてくるものであることがわかると思います。
そのため簡単に真似されたり偽造されたりする印鑑はなるべく避けたいのです。
そのためには真似されたり偽造されたりしにくい作りにすることが重要です。

具体的に例をあげてみましょう。
一番有効なのは書体です。
私たちのまわりには数えきれないほどのたくさんの書体があります。
その中で一般的に印鑑に用いられる書体があります。

まずは篆書体です。
篆書体は中国の秦の時代よりも前に使用されていた書体すべてをさしますが、一般的には戦国時代に発達しさらに整理され公式書体として用いられた書体です。
中国で生まれた書体のため一見読むのが難しい書体なので偽造防止目的で広くつかわれています。
篆書体の他にも日本で印鑑を彫るためにつくられた古印体という書体もあります。
書体ひとつで出来上がりの印象がずいぶん違ってきます。
皆さんも数ある書体の中からお気に入りの書体を見つけてみましょう。

ページの先頭へ