材質を納得のいくまで探してみる

印鑑イメージ

お気に入りの書体は見つかりましたか。
書体が決まったら次は材質を選びましょう。
印鑑の材質として一番有名な材質は皆さんもご存じ象牙です。
象牙は天然の物なのでこの世に同じ印鑑は一つとしてない完全オリジナルの印鑑が出来上がります。
象牙はその美しさや貴重さから非常に高値で取引されています。そのため乱獲されてしまいました。
乱獲を防ごうと許可証がないと輸出したり輸入したりすることができないようになりました。

そして一本の象牙でも3つの部位に分けられます。
象牙の中でも一番キメが細かく真っ白な中心部分。
そこから外側にむかっていくほど価格は安くなっていますが象牙なので印鑑作りに必要な硬さや粘り、押したときの感触や印鑑本体の重さは申し分ない物です。
象牙のほかにも水牛や木材があります。
木材のなかでも拓という木は木材の印鑑の中でも良い物とされています。
特に鹿児島県の拓の原木で作られた印鑑は高級品とされています。
自分の手に合うような材質を納得のいくまで探してみましょう。

さて書体、材質を選んだらあとは出来上がりを待つばかりですね。
どのような印鑑が出来上がるのか本当に楽しみですね。
印鑑は昔から自分の分身とされているのをご存じですか。
印鑑の一部がほんのすこし欠けてしまっていると、その欠けた部分から運気が逃げていくといわれています。
いくら本人が大事に印鑑を使っていたとしても印鑑は消耗品ですからいつまでも新品のままというわけにはいかないのです。
そして印鑑は消耗品だからこそすぐに欠けたり、ちょっとした衝撃で壊れたりするような印鑑ではせっかくの印鑑も台無しになってしまいます。
私が材料にこだわり良いものにこだわる理由をすこしでもわかっていただけましたか。

ページの先頭へ